年間依頼1千件の衰退産業

「年間依頼1千件の衰退産業 」の有益情報をお届け!

やればできる 情報商材アフィリエイトで稼ぐ 

Kasegu造が私なりの視点でお届けする有益な情報です

最近の記事
パーフェクトアフィリエイト
2009年07月30日

年間依頼1千件の衰退産業

こんにちは、Kasegu造です。


きょうは、ある新聞記事を読んで、


これはまさしく私達のビジネスにおいて大切なことだと、


感じたことについてお話します。

「新聞記事なんてちょっとかたぐるしい」
と思うかもしれませんが、まあ聞いてください、



この記事のタイトルは「買えぬモノを求める時代」
というタイトルでした、



そして私がとくに共感したのは
「モノがあふれる時代、人は何に価値を
見いだし、お金を使うのか」



と書いてあるところ以降だったのですが・・・



あなたは、「ちんどん屋」というのをご存知ですか?



そう、企業やお店から依頼を受け
かねや太鼓を打ち鳴らしながら街を歩いて、
宣伝をするという商売ですね、




でもこの商売「最も衰退している産業」
といわれています



まあ昭和の良き時代の商売です。
がしかし、このテレビやネットが全盛の時代、



こんな不況の時代に生き残っている
ちんどん屋があるのというのです



なんとこのちんどん屋は年間1千件の依頼があり、
売り上げも1億以上あるというのです。



すごいですね。
ではその秘密はなんだと思います、
なんでしょう?



それは、このちんどん屋は宣伝をしながら、
街の人と身の上話をするのです、



普通、街やショッピングモールなど
でチラシやティッシュを配っている



キャンペーンガールに、
「年いくつ?」「彼女イカスね」なんて
話かけても答えてくれませんよね、



でも彼らはこれにすべて答えるらしいのです。
また逆に話かけるのです。



そうすることでお互いに気持ちが通じて、
「じゃあ、あんたがいうだったらこの商品買おうか」
となるというのです、



これコミュニケーションですよね、
この手法が価値になっていると、
このちんどん屋はいっています、



そしてもうひとつ、
彼らが大阪のホームレスの
多い地区で宣伝していた時の
ことを語ってられるのですが、



ホームレスの人にとっては自分の庭に来て勝手に
歩かれると迷惑がられると思いながら、



いつものように人に
話しかけながら宣伝をしていると



あるホームレスが「楽しませてくれたから」と
500円をくれたというのです、
この人はなんと500円しか持っていなかったのです。



どうでしたか、
この2つのことを読んであなたは、
私達のビジネスにおいて
大切なものって何だと思います・・・



もうおわかりですね、
ひとつは先ほどもお話しました



*いつものように人に話しかけながら宣伝をしている=
コミュニケーション→我々でいうブログコメント、
メール相談、メルマガへの質問、返信ら

そしてもうひとつは、

*「楽しませてくれたから」と500円をくれた→
心を動かした、行動させたということなんです。



この2つは大事なことなので、
わかっていても再認識してくださいね。



私もこの新聞記事により再認識させられました、
そしてこれらをとある商材で
勉強してきてよかったと思い確信しています。



コミュニケーションをとる→
親しみ、信頼関係によりあなたの商品が売れる、



心を動かした→
ブログやメルマガで自分の想いが伝り商品が売れる。

ということでした。



売るためには小手先のテクニックも必要ですが、
これらことが非常に大事だということを憶えておいてください。
ではまた。



この記事へのコメント
こんばんは

始めまして

なんか胸に グッとくるお話ですね。

サト愛さんが

離されてるみたいです。


心を込めて応援いたします。
Posted by hayayokeiko at 2009年07月30日 22:23
kasegu造さん、
ほんとにいいお話です。
そして、ヒント満載ですね。
衰退している業界で、
すごく人気がある。

そこには、やはりサービス精神
があるのですね。

とてもためになりました。
やる気がでてきました。
ありがとうございます。

ラン子も熱烈応援ポチ★しました。
Posted by ラン子 at 2009年07月31日 00:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
エステ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。