「感情」を入れてみる

「「感情」を入れてみる」の有益情報をお届け!

やればできる 情報商材アフィリエイトで稼ぐ 

Kasegu造が私なりの視点でお届けする有益な情報です

最近の記事
パーフェクトアフィリエイト
2009年07月10日

「感情」を入れてみる

こんばんわ、Kasegu造です。



あなたは、自分の書いたブログやメルマガの



記事を少しでも読んでもらいたいと、



思うことはありませんか?

せっかく書いた記事です、
目に触れてもらいたい、



読んでもらいたいと普通考えますね、
これも色々な文章術というものがありますが、



今日はひとつ
「感情」というものをお話します。



人が話をするとき話の中で
気持ちが盛り上がると



感情が前へ出て、
言葉や態度が強くなります、



こうなると聞き手は
必ずその人に注目してしまいますね、



そうすることでかなり印象に
残ると思うのですが
どうでしょう?



たとえば、元テニスプレーヤーの
松岡修造という人がいますね、



もう私が何を言いたいか
お気付きになっているかたもいると思いますが、



彼は引退してからスポーツキャスターを
やっていますね、



彼の取材はキャラクター、
性格というものもありますが、



「感情」が高ぶると
引き込まれれないでしょうか、



すこし暑苦しいですが(笑)
見入ってしまわないでしょうか



長い会話のなかでこんなのがあったら



まあこれは極端な例で
ここまでやらなくてもいいですが、



これを文章の中に組み込めたら、
どうでしょう、



たとえば前回の記事で私も少し
書いたのですが、



>好きな言葉はなんと、「なんとかなる」でした。
>驚きませんこれ、JRAのNO.1ジョッキーですよ、
>最多勝利騎手ですよ、




これはあるバラエティ番組で、
騎手の武豊が色紙に書いた好きな言葉でした、



これを私の感想を感情的に話したものです、




こうすることで読み手を
引きつけることが少しでもできるのです。



あなたもこれをやってみてください、



気持ちを伝えることができ
反応があがるのではないでしょうか。



ということで、今回は
文章に「感情」を入れてみるということでした。


ではまた。




posted at 00:41
Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:伝えるために
エントリー:「感情」を入れてみる
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123178049
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
エステ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。